2016年03月06日

FXで自分の取引スタイルを確立するポジションの取り方

FXの手法はトレーダーによってさまざまでしょう。
買いのみの人もいれば、両建でどちらに転がっても儲けようという人もいます。
また、売り一辺倒の人もおります。
 
筆者は、以下のように決めています。
 
まず、自分が取引したい通貨が大体どの範囲で値動きするかをつかんでおきます。
これはチャートで期間範囲を長くすることで見ることができます。

ポジションの建て方

値動きの範囲をつかんだら下記のように対応します。
 
値動きの範囲の中間のあたりの値のときは両建てをします。
どちらに値動きをしても、利益を出すことができます。

そして、反対のポジションは利益の出る値になるまで持ち続けるか、先の利益と相殺できる範囲で損切りし、新たにポジションを持ちます。
これで必ず利益を出すことができます。
ただし、ロスカットはしないよう、十分な証拠金が必要なことは言うまでもありません。

少しずつポジションをとる

値動きの範囲の最低の値のほうの場合は、買いで入ります。

このとき、筆者は少しずつポジションを取ります。
例えば、一気に1万通貨を買うのではなく、まず1000通貨買います。
筆者の場合、大抵は読みがはずれますので、買いを入れると値が下がることが多いです。
そのため、値が下がったときのことをあらかじめ想定して余力を残しておくわけです。

ある程度値が下がって自分で買い時だなと思ったらそこで追加で1000通貨購入します。
いわゆるナンピンという手法を自分の手持ち資金と相談し、余力の範囲で行っております。

スワップも計算にいれておく

買いで入るときは、豪ドルなどの高金利通貨を買い、値が上がるまでゆっくりスワップを貯めながら待ちます。
もちろん、いつリーマンショック級の激しい値動きがあるかわからないため、相当の余力を持って行っております。

逆に値が最高値のほうに上昇した場合は、ドルなどの低金利通貨を売りで取引します。
これも1000通貨ずつナンピンして行きます。

どの手法もあまり欲張らず2割ぐらい利益が出たら利益確定をしています。

皆さんも、いろいろ手法を勉強し実戦で試してみて、ご自分に合ったものを見つけるのが良いでしょう。




posted by FXマニア at 09:20| Comment(0) | FX基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ