2016年03月06日

買ったら下がり売ったら上がるし、FXは勝率50%のはずなのに…

FXでトレードしていると、不思議なことがよくあります。
エントリーは買うか・売るかなので勝率50%のような気がして、自分勝手に運がいいから適当にエントリーしても勝てると思い込んでエントリーしてしまいます。

そんな時に限ってエントリーした直後に、買いでエントリーしたら下がり、売りでエントリーしたら上がるとまるで誰かに見られているくらいのタイミングでレートが動きます。
自分だけなのかなと思って、FX仲間の友人にその話をしたところ、その友人もそう思っていたということでした。
おそらく神様が適当なエントリーをしてはいけないと注意してくれていると思うしかありません。

決済する勇気、ロスカットする勇気

ところで最近の円安でドル円の通貨ペアで円を売り大儲けしている人も多いと思いますが、FX初心者の私でも少なからず恩恵に預かっています。
しかしやっぱりメンタルが弱いのか、思うようにはいかないときも多いです。

私は1ドル107円前半の時に買っていたのですが、エントリーしたときは1ドル110円で決済しようと思っていました。
しかしあまりに調子良かったので、まだ円は下がると思い込み決済しませんでした。

そうしたら急に大きな調整が入り、一時105円前半まで来てしまいました。
結局110円で決済する勇気もなく、107円割ったところでロスカットすることもできず、ただ祈っているだけでした。

その後また円安が盛り返し、いまはまた利益が出ていますが、自分の決断力のなさを痛感させられました。

何も見なかったらほぼ50%です

チャートも見ず、値動きも見ず、猫にでもボタンを押させて売買するならほぼ50%なんですが、我々はチャートを見て予測して買ったり売ったりするんですよ。
そういう心理の集合体で売買という結果、すなわちチャートが形成されていくので、上記のようなことが発生するのです。

反対に動くことが多いということは、色々考えた挙句エントリーするポイントが反対だということです。
そして、初心者の方は得てしてこのパターンに陥ります。
初心者の方が「買いたい」と思う場所は売りどきだということですね。




posted by FXマニア at 09:29| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ