2016年03月06日

アメリカ経済指標発表時のFXトレード 発表が楽しみ

だいたい夜9時から始まるアメリカの経済指標の発表の時は、レートがものすごく動くことが多いのでハラハラドキドキでたまりません。

money_megakuramu_woman.png

FX上級者の人や専業の人は、経済指標の時のトレードはやらずに、指標の数字が出てトレンドが決まってからエントリーすること多いと聞きます。
しかし私は経済指標でレートが大きく動いた時にポジションを持っていないと、乗り遅れて損をした気分になってしうので、ポジションをもったままこの時間を迎えてしまうことが多いです。

もちろん発表されるまでは、誰にも結果はわからないので予想はしづらいですが、予想が当たった時は痛快です。
当然勝率はやっぱり50%くらいで、悲しい思いをすることも多いです。

それでも毎日夜の9時近くになると気分が高揚してきて落ち着かなくなります。
指標が発表され、スプレッドが大きく広がったときはただ祈ることしかできません。
しかし毎日やっても刺激があって面白いです。

楽しいうちはギャンブルなのかも

あと、文章を読む限りでは、FXをギャンブル的に楽しんでいる様子が感じられますね。
確かにFXはギャンブル的な側面も強いです。
実際には真面目にやられているのかもしれませんが、外から見るとちょっと危険な感じに見えますね。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますので相場のことが好きなのは問題ないんですが、売買自体が好きなのであればちょっと危ないかもしれません。

例えば、私は学生の頃にスロプロ的なことをやっていて、平均月収が40〜50万円程度ありましたが、はっきり言って楽しくありませんでした。
学費と生活費を稼がなくてはならないという、どうしてもお金を稼ぐ必要があったのでやっていたんです。

ギャンブルをやっているうちは楽しいんです。
しかし、勝ちを前提として理論的な動きをし始めると、それはギャンブルではなく仕事に変わるので、楽しさは薄れるんですよね。

FXも同じで、勝っている人は機械的に期待値の高い売買を繰り返しています。
決してギャンブル的な無理な売買はしません(たまにはすることもあるでしょうが)。

これはトレードオフの関係にあるので難しいところなんですが、楽しみつつも期待値のある取引を増やしていきたいところですね。




posted by FXマニア at 09:51| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ