2016年03月06日

FXのメンタルの重要性を痛いほど痛感

FXを初めてまだ間もないのですが、なんとかお小遣い位稼げるようになりたいです。
毎日失敗の連続ですが、いつか一攫千金の夢をもってトレードに励んでいます。

heart0181.jpg


FXはメンタルが大切だと言われても始めは何のことだかわからなかったのですが、最近痛いほどよくわかってきました。
FXのトレードはエントリーするだけで、ドキドキハラハラしてとても面白くとにかくエントリーしてしまいます。
よく言われるポジポジ病ですね。
同じことを繰り返してしまうが、やめられない

仕事から家に帰ってくるとすぐにトレードしたくなり、PCの電源をいれて取引画面を出してしまいます。
チャートでトレンドの確認やエントリーポイントを決めてから、トレードを始めなければならないのはわかっているのですが、焦ってエントリーしてしまうことが多いです。

そんな適当なエントリーをすると、当然ろくな結果にならないことが多いのですが、ポジションを持っている時でも失敗が多いです。
トレードで勝っているときはいいのですが、損をしていると時になかなかロスカットができずに、ずるずると損失を多くしてしまいます。

このようにトレードで失敗したときは、一応反省してきちんと自分のトレードのルールを作り、きちんと戦略をねってやろうと決心するのですが、また同じことを繰り返してしまいます。
ほんとに自分でもメンタルが弱いと思いますし、FXはメンタルがすごく重要なんだなということを痛感しています。
そんな目に遭ってもFXのトレードは楽しいので、やめられません。





posted by FXマニア at 09:43| Comment(0) | FX精神論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

勝てる投資家とは

FXで勝つためには、まず為替相場の方向性を予想する必要があります。この方向性、つまり中長期の相場を予想するためにはファンダメンタルズ分析は欠かせません。

しかしこのファンダメンタルズ、短期のトレードにはあまり役立ないため、テクニカル分析の知識が必要です。現在でもFXを続けている投資家はテクニカル分析を中心とした自身のトレードのルールを持ち、サブプライム、リーマンショック、ギリシャ不安を乗り切ってきた方ばかりです。

最初のころは、レートが上がっているから買う、下がっているから売る、皆さん最初はこのような状態です。勝ち続ける投資家と、負ける投資家は何が違うのか。それは自分の取引ルールを持っているかにつきます。そのルールのもとになるのがテクニカル分析です。しかしテクニカルに詳しいおタクな投資家が勝つのではありません。収益率の高いテクニカル指標とパラメータ、利食いと損切りの上手な投資家が勝つのです。

最近はFX業者のテクニカルツールが発達し、収益率の高いパラメータをもとにした売買のタイミングを売買シグナルとして無料でお知らせしてくれるツールもあります。このようなツールも参考にしたほうがいいでしょう。
参考にしたいインターバンク市場の有名トレーダー

FXにはテクニカル分析の知識が非常に重要です。しかし実は勝っている投資家ほどテクニカル分析に加え、それ以上にファンダメンタルズ分析を重視している傾向があります。これはインターバンク市場(銀行間市場)で活躍しているトレーダーも同じ傾向があります。

例えばテクニカル分析を重視している投資家、銀行やヘッジファンドのトレーダーでも、発生した売買シグナルが、正しいか正しくないか考えてオーダーした場合は、広義の意味でのファンダメンタルズ分析と言えるでしょう。

例えばチャート上のテクニカルポイントで教科書通り値動きが止まれば短期筋が仕掛けた動きでしょうし、止まらなかった場合は、実需筋による値動きなのかな、と考えます。そしてそれに該当しそうな情報を探し、次の手を打つわけです。こうした想像が動くことでトレードの勝率は50%対50%以上に上がっていくのだと思います。

ちなみに有名なヘッジファンドのトレーダーで24時間以上、ポジションを持たないような方でも、長く活躍している人ほどファンダメンタルズ分析に精通しており、細かすぎるほどファンダメンタルズを気にします。





posted by FXマニア at 15:41| Comment(0) | FX精神論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

FXのメンタル面で大切だと思うポイント

FXのメンタル面で大切だと思うポイントはコチラです。

・一喜一憂しない
・少ないポジション数量
・人の意見やニュースに惑わされない


こんな経験ありませんか?

ずっと持っていたらその後プラスになったはずのポジションを
含み損に耐えられないから損切りしてしまった・・・

自分で自信を持って取ったポジションだったが、
・ブログやツイッター、2chの書き込みを見てビビって決済してしまった・・・・
・逆に煽りの書き込みを見て、急いで新規注文を出してしまった・・・
・他人の噂やニュースに強く影響されてしまう・・・・・

スイングトレードをしようと思って取ったポジションだったが、
少額だけどすぐに利益が出たので決済、スキャルピングのような
取引になってしまった・・・・

ロスカットされた事にイラッとして、
追加入金して、レバレッジ最大にして倍返しを狙ってしまった・・・

トレードに必要なメンタル力

今はちょっと工夫をする事でFXのトレードに必要なメンタル力を保てているんです。

どうして?
と思われるかもしれませんが、
決して投資経験を積んだからメンタル力が鍛えられた訳ではありません。
投資経験積んだってメンタル面は鍛えられないんですよ。
意外に思いますか?

だって、FXが日本に根づいてからもう7,8年が経ちますが、
そう考えるとFXトレード歴が年単位である人ってかなりの人数いますよね。
でも、みんな上で挙げた例のような感情に任せた取引をしちゃっているんです。
だから勝てないと思うんです。

大切な3つのポイント


そこで、僕が工夫したポイントは下記の3つを絶対に守る事なんです。

1.1つ1つのトレードで一喜一憂しないで淡々とトレードすること
2.ちょっと物足りないくらいのポジション数量で取引すること
3.ポジションを取った後に、ブログなど人の意見で変更しないようにすること

1番が出来ればもう下の2つは入りません(笑)
相場の値動きに一喜一憂しないで取引することが大切です。
その為に、2番、3番が重要だと考えています。

僕もそうですが、あなたも間違いなくそうだと思いますが、
レバレッジ25倍で全力でポジションを持ったら、気になって仕方がないですよね。
仕事も集中出来ないはずです。


ポジションを取ったら初志貫徹が大事

そして、ポジションを取ったあとの大切な事があります。
人の意見、ニュースに惑わされない事です。

やっぱりFXをしていると、
自分が今とったポジションがどうなのか?
本当に良かったのか?と不安になり、他の人の意見を聞きたくなってしまいます。
でも、結局は相場がこの先どうなるかなんて予想でしかないんです。

だからこそ、予想が外れた時の為に損切りって考え方があるくらいですし。
自分なりの考えがあってポジションを取ったはずなので、
ポジションを取ったあとは自分を信じれば良いんです。

そして、決済注文は予め入れておき、
損切りに関しても、逆指値やトレール注文を使ってしっかりとリスクヘッジしておけば大丈夫ですよ。
人の意見やニュースでなんとなく注文を変更するのは避けるべきです!





posted by FXマニア at 22:38| Comment(0) | FX精神論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ