2016年02月01日

FXの専門用語って難しくないですか?

FXをはじめる初心者の人は少なからず書籍なども読んでいると思います。そのなかで、スワップやレバレッジという言葉は正直なところ分かりにくいのはでないでしょうか?FX取引における、スワップとは取引する為替の金利差のことです。日本は世界的に見ても金利が安い部類に入るので、誰が投資してもいいくらいと言われるほどFXは効率的な投資方法なのです。FX取引では、金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買って持っているとしましょう。そうすると、金利の差額分が受けとることができ、利益が発生します。これがスワップポイントと呼ばれるものです。スワップとは購入した通貨を持続して持っている期間は毎日受け取ることができるのでお得なので。FX会社や口座ごとに組み合わせられる通貨に差があります。となると、当然、金利の差額にも特徴があるのです。現在はほとんどのFX会社で多くの通貨が取引できますが、 数えられるくらいの種類がメインです。為替として有名で金利差が大きいことが分かっている豪ドル、米ドルなどを中心に取引するとスワップは手に入りやすくなるようですね。FXで実際に通貨を買うとき、レバレッジを数倍に設定するとしましょう。そうすると、少ない資金でも1日数十円〜100円程度のスワップが受け取れて、年間で数万の利益が発生する計算になります。FXの大きな特徴であるレバレッジは、スワップなどを利用すると思ったりすると、利益を大きく取ることもできるのですが、倍の取引をしている分、それ相当のリスクを負うことにもなります。よくシュミレーションを重ねましょう。




posted by FXマニア at 23:47| Comment(0) | FX基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX口座の比較と選び方

FX取引を始る場合、必ず必要なのはFX会社の口座です。どの口座を選ぶのかという事はとても重要な問題です。FX口座のベストな選び方は自分の希望する取引スタイルに合っている口座か、信頼できるFX会社を選ぶ必要があります。しかし、どのようにFX会社を選べばよいでしょうか。インターネット上で取引ができることから、WEB上でFX口座会社の比較ランキングを公開しているサイトがあります。このような口座ランキングサイトでは、各FX会社の様々な取引スタイルや手数料の金額、最大レバレッジや最低レバレッジなどの情報を得る事ができます。FX取引時の手数料やスプレッド、取引単位、取扱い通貨ベア、レバレッジやその他サポート体制に至るまで、色々な種類のランキングがあります。どんな特徴のFX会社に取引口座を持つかによって、取引開始後の利益に影響が出るのも事実。為替取引でせっかく利益が生まれても、高い手数料のために儲け率が少なくなってしまったり逆に手数料の金額の多さで損失が大きくなったりとリスクを抱えてしまう場合もあることにはあります。ネット取引ができるのでシステム上のトラブルがあって取引のタイミングを逃してしまったり、緊急時のサポート体制がきちんと整備されていないFX会社は選ばないようにしましょう。お金を扱うFXなのでこういったトラブルを避け、儲かる資産運用をする為には充分なサポート体制を備えているFX会社を選ぶ必要があります。ネット上のFXの口座の情報のランキングを有効に活用し、納得できるFX会社を選ぶようにしましょう。




posted by FXマニア at 22:50| Comment(0) | FX基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXと株はどっちが投資しやすい?

大切な資産を減らしたくないならFX
資産運用の方法に関しては様々なものがあります。代表的なものとしては株式市場に資金を投入して運用するものがあります。

a0003_001872.jpg

この株式投資は昔からある方法で多くの人に馴染みのあるものですが、最近はFXが大きな注目を浴びていることもあって、どちらに資金を注入するべきか悩んでしますこともあります。

しかし、大切な資金を減らしたくないと考え、できるかぎり確実な収益確保に向けて投資していきたいということであればFXがオススメです。


まずはお試し感覚で始めたいならFX

投資をおこなうにあたって株とFXで悩んでしまうということは、まだまだ投資の初心者だと思いますが、初心者は株よりもFXで投資をおこなっていくべきと考えます。

リスクが少ない上に試しながらの投資も可能となりますので、FXならば投資というものを少しずつ学びながら活動していくことが可能となるのです。最初は何も分からない状態から始めると思いますが、FXは初心者にも分かりやすい作りになっていますのでとてもオススメできます。

少ない金額で投資活動できるのがFX

FXと株式の圧倒的な違いがひとつあります。

何かと言えば、少ない自己資金しかなくても投資活動をおこなうことができるということです。株式の場合には最低購入株数が決められていて、安い株式銘柄であっても数十万円はかかります。

しかし、FXの場合には1万円など少額の資金しか手元にない場合であっても取引ができますので、まとまった資金がないという人であっても投資家になることが可能なのです。その点でもFXは最適だと考えます。


株は企業単位だがFXは国単位で変動
株式というものは企業の価格を決めるものでFXは通貨を扱う取引のために国単位での価格を決めるものと言えます。

企業の場合にはちょっとした出来事などで値段が大きく動いて一気に損失が出てしまうということも考えられるのですが、FXの場合にはあくまでも国レベルなのでそこまでの損失が発生する可能性は低くなると言えます。

そのようなリスクの観点から言っても、株式市場への資金投入よりもFX市場への資金注入がオススメできます。


多くの人がFXを選ぶのは利益にメリットがあるから

今現在は投資家の多くが資産をFX市場に投入しています。資産家は多くの資金を持っていますが、だからと言って無限にあるわけではなく、確実に利益が出なければ資産を引き上げるものです。

そのような方々がFXに資金を入れているということはメリットがあるからです。言うまでもありませんが利益が得られるというメリットがそこにはあるのです。

多くの資産家を見習って自分自身も大事な資産をFX市場に入れて利益を得てみてください。




posted by FXマニア at 22:26| Comment(0) | FX基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ