2016年03月06日

移動平均線ってなんなの?テクニカル指標は重要なの?

FXのチャートにおいて、ローソク足と一緒によく使われるのが移動平均線です。
今回は移動平均線について学んでみましょう。

テクニカル指標には色々ある

値動きをローソク足で示したとき、他にも色々な指標を加えて値動きを分析する取り組みがあります。
これらをまとめて「テクニカル指標」といいます。

テクニカル指標には、代表的なものでは以下の様なものがあります。

移動平均線
ボリンジャーバンド
ストキャスティクス
RSI
MACD

他にもいくらでもあります。

テクニカル指標は道具。必死に覚えても答えは見つからない。

テクニカル指標は、値動きを様々な手法、計算式で分析した指標です。
色々な種類がありますが、正直なところ初心者の方はこれらを必死に覚える必要はありません。

まず、結論から書いておきますが、テクニカル指標は所詮道具であり、そこに答えはないということです。
同じようなことを何度か書いていますが、FXに絶対に正解となる答えはありません。
人間と人間が売買しているので、必ず儲かる答えが存在しないことは分かりますよね?
もしそんなものが存在したとすれば、その取組を狙い撃ちして儲けることが可能でしょう。
そうしたらその取組は今後は儲かる答えではなくなるのです。

細かな理屈は置いといて、テクニカル指標は所詮道具であり、将来の値動きを予測するための一つの指標だということを覚えておいてください。
テクニカルを完全マスターしたとしても、相場で勝てるわけではありません。

移動平均線は代表的なテクニカル指標

テクニカル指標で最も代表的であり、よく使われているのが「移動平均線」です。
多くのFX会社のチャートにおいて、最初から表示されているくらいメジャーなテクニカル指標です。

移動平均線も所詮値動きを分析、予測する道具の一つでしかありませんが、多くの人がそれを利用しているということに意味があります。
多くの人が意識して売買することによって、移動平均線を意識したチャートが形成されることが多いのです。

相場を予測するときは、常に他の参加者の心理を考えてください。
多くの参加者がこう考える、ということを予測して、その心理を利用した売買をするわけです。
移動平均線はその上で役に立つと言えます。

みんな大好きゴールデンクロス

2つの移動平均線において、期間の短い線が期間の長い線を上に追い越す部分をゴールデンクロス、下にクロスする部分をデッドクロスといいます。
しかし、こんなことは特に覚える必要はないですね。

世の中にはやけにテクニカル指標を重視して、テクニカル指標をありがたがる人がいますが、そこに答えはないということを覚えておきましょう。
そんなことより、参加者がどんな心理で相場に望んでいるのか考える事のほうがよほど重要です。

移動平均線で跳ね返る、突き抜けると相場転換


移動平均線にサポートされて、線を割らずに跳ね返ることはよくあります。
多くの人が意識している証拠だとも言えますね。

また、それまで25日線の下で推移して、それを上に突き破った瞬間を相場の転換点と考えることもできます。
これは為替だけでなく、個別株でもよくやる手法ですね。

ただ、私はどちらかと言えば、移動平均線よりも直近高値、安値のほうを強く意識します。
直近高値をブレイクすれば、買いで持っている人は全員含み益に、売りで持っている人は全員含み損になっており、相場が一方通行に動きやすくなるためです。
上のチャートも分かりやすい直近高値ブレイクの値動きですよね。

これは心理的に非常に分かりやすいです。
含み益の人は余裕を持った売買ができるし、含み損の人はどこかで損切り、強制決済が待っているからですね。





posted by FXマニア at 09:14| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

エントリーについての考え方とは?

FXをする上でどのタイミングでポジションを取るかということはとても大切な事です。
今ってどうやってエントリーしていますか?

なんとなく・・・・

というのは1番多いと思いますが、
まぁなんとなくエントリーしますよね
僕はエントリーポイントにおいて大切な事って、待つことだと思っています。
自分の形になるまで待つんです。

全ての勝負は勝ちパターンで挑むべきなんです。
自分を自制するのは難しいんですけども。
特にFXはポジポジ病と言われる病気にかかりやすいですし。(笑)

※ポジポジ病・・・・何かポジションを持ちたくて仕方がない人

確かに、暴落が来たり、急騰が来たりして、
前日比で200ppも上がった、下がったとなると、
これ以上はいっても100ppだろう・・
なんて思って安易にポジションを持ってしまうケースもあると思います。

自分の形でないのにエントリーしてしまうと・・

でも自分の形ではないのに、エントリーすると、
その後の損切り、イグジットなどに影響してくるんですよね。

要は、マイルールから外れた取引になってしまうんです。

自分の形で常にエントリーしていければ、
損切り、イグジットのタイミングなどもいつものようにやれば良いのです。
データも蓄積されて、よりトレードの精度を高めていけるのです。
これが偶然暴落したからエントリーした、というような取引をしてしまうと、
勝つのも偶然、負けるのも偶然になってしまうんです。
これでは勝てるトレーダーにはなれないと思いますよ。
継続してFX取引をしていくと考えると、
自分の形で勝負してデータの蓄積、分析をしていかなければいけないと僕は考えます。
同じ形で勝負して、結果はどうなったか?
というデータを蓄積していくんです。

そして、そこの”差”を探すんです。
形は同じ、でも結果は違う。
条件は同じで結果は違うんで何がダメだったんだろう。
と”差”を見ていくわけですね。
そうやって使えるデータを蓄積する為にも、
エントリータイミングは自分の形まで待つことが大切ですよ!




posted by FXマニア at 15:36| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

海外旅行の両替などの実需も為替の要因

為替変動の要因にはいろいろありますが、「仮需」「実需」に分けて考えることもできます。

「仮需」とは、利ザヤを得る目的で通貨交換を行う需要を指します。FX取引はこれに当たります。意外に思う人もいるかもしれませんが、銀行やヘッジファンドといった機関投資家が仮需取引のメインプレイヤーです。

一方の「実需」とは、投機目的ではなく、実際に現物の通貨を必要とする取引です。たとえば、貿易会社の輸出入時の決済や、外国、株に投資をする保険会社などの機関投資家の需要が多くなっています。わたしたちが海外旅行へ行く際に日本円を外貨に両替するのも実需取引といえます。

たとえば、日本国内では、決算前になると、グローバル企業が海外拠点にある資金を日本に引き上げるという実需が発生するため、円買いが増える、といった傾向があります。

実需取引も相場を動かす要因のひとつなので、その傾向を知っておくと、相場の動きをつかむうえで便利です。

空港で両替するときに、銀行ごとに為替レートが異なりますが、これはFX業者ごとに提示レートが微妙に異なるのと同じようなことです。

企業活動で発生する為替取引も為替相場を動かす要因のひとつなのです。




posted by FXマニア at 20:19| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ