2016年03月06日

アメリカ経済指標発表時のFXトレード 発表が楽しみ

だいたい夜9時から始まるアメリカの経済指標の発表の時は、レートがものすごく動くことが多いのでハラハラドキドキでたまりません。

money_megakuramu_woman.png

FX上級者の人や専業の人は、経済指標の時のトレードはやらずに、指標の数字が出てトレンドが決まってからエントリーすること多いと聞きます。
しかし私は経済指標でレートが大きく動いた時にポジションを持っていないと、乗り遅れて損をした気分になってしうので、ポジションをもったままこの時間を迎えてしまうことが多いです。

もちろん発表されるまでは、誰にも結果はわからないので予想はしづらいですが、予想が当たった時は痛快です。
当然勝率はやっぱり50%くらいで、悲しい思いをすることも多いです。

それでも毎日夜の9時近くになると気分が高揚してきて落ち着かなくなります。
指標が発表され、スプレッドが大きく広がったときはただ祈ることしかできません。
しかし毎日やっても刺激があって面白いです。

楽しいうちはギャンブルなのかも

あと、文章を読む限りでは、FXをギャンブル的に楽しんでいる様子が感じられますね。
確かにFXはギャンブル的な側面も強いです。
実際には真面目にやられているのかもしれませんが、外から見るとちょっと危険な感じに見えますね。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますので相場のことが好きなのは問題ないんですが、売買自体が好きなのであればちょっと危ないかもしれません。

例えば、私は学生の頃にスロプロ的なことをやっていて、平均月収が40〜50万円程度ありましたが、はっきり言って楽しくありませんでした。
学費と生活費を稼がなくてはならないという、どうしてもお金を稼ぐ必要があったのでやっていたんです。

ギャンブルをやっているうちは楽しいんです。
しかし、勝ちを前提として理論的な動きをし始めると、それはギャンブルではなく仕事に変わるので、楽しさは薄れるんですよね。

FXも同じで、勝っている人は機械的に期待値の高い売買を繰り返しています。
決してギャンブル的な無理な売買はしません(たまにはすることもあるでしょうが)。

これはトレードオフの関係にあるので難しいところなんですが、楽しみつつも期待値のある取引を増やしていきたいところですね。




posted by FXマニア at 09:51| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXや投資と学歴の相関関係。頭がいい人は勝てるのか?

私の感覚だと、やはりそれなりの相関関係はありつつも、めちゃくちゃ大きな結果を出している人はもう学歴関係ないなという印象。

m030263.jpg

相場も当然のように努力量が必要なんですが、基本的には高学歴者のほうが努力ができる人が多いです。
ただ、「言われたことをやる、与えられたことを完璧にこなす」タイプの高学歴者にとっては、相場は相性が悪いかもしれませんね。
常に結果と向き合う必要があるわけで、言われたことを完璧にこなしたとしても結果はついてこない可能性がありますからね。

あと、単純な話、高学歴者のほうが余剰資金をたくさん持っている可能性が高いんですよ。
投資のパフォーマンスは資金量に大きく左右されますので、「投資で1千万円以上勝ち越している人」を調べた場合に高学歴者が占める割合はかなり高いでしょうね。





posted by FXマニア at 09:49| Comment(0) | FX雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXのメンタルの重要性を痛いほど痛感

FXを初めてまだ間もないのですが、なんとかお小遣い位稼げるようになりたいです。
毎日失敗の連続ですが、いつか一攫千金の夢をもってトレードに励んでいます。

heart0181.jpg


FXはメンタルが大切だと言われても始めは何のことだかわからなかったのですが、最近痛いほどよくわかってきました。
FXのトレードはエントリーするだけで、ドキドキハラハラしてとても面白くとにかくエントリーしてしまいます。
よく言われるポジポジ病ですね。
同じことを繰り返してしまうが、やめられない

仕事から家に帰ってくるとすぐにトレードしたくなり、PCの電源をいれて取引画面を出してしまいます。
チャートでトレンドの確認やエントリーポイントを決めてから、トレードを始めなければならないのはわかっているのですが、焦ってエントリーしてしまうことが多いです。

そんな適当なエントリーをすると、当然ろくな結果にならないことが多いのですが、ポジションを持っている時でも失敗が多いです。
トレードで勝っているときはいいのですが、損をしていると時になかなかロスカットができずに、ずるずると損失を多くしてしまいます。

このようにトレードで失敗したときは、一応反省してきちんと自分のトレードのルールを作り、きちんと戦略をねってやろうと決心するのですが、また同じことを繰り返してしまいます。
ほんとに自分でもメンタルが弱いと思いますし、FXはメンタルがすごく重要なんだなということを痛感しています。
そんな目に遭ってもFXのトレードは楽しいので、やめられません。





posted by FXマニア at 09:43| Comment(0) | FX精神論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ