2016年03月06日

FXで一番難しいのは損切り

初心者の頃から未だに苦労しているのが損切りの判断です。
「マイナスが大きくなる前に早めに損切りする」このような考えは頭の中にしっかり入っていました。
しかしいくら頭で分かっていても出来ないのがFXの怖さですね。

逆にどんな状況でも心理的な要因に惑わされず損切りや利確が出来ますと言う人がいたらかなりの強者だと思います。それくらい難しいです。

基本的にFXはチャート分析や経済指標からなるテクニカル的なものが占めているので、そちらの方が持て囃される傾向があります。

実際に相手をするのは相場です。
相場には他にもさまざまな要素がありますね。

・投機筋
・トレーダー心理
・時間帯

特に自身の心理は常に関わってくるものなのでよく分かっておきたいですね。

意思決定分野からのアプローチ

損切りの重要性が分かっているのに出来ないのはどういう事なのか考えてみた事があります。
効用と言う考え方を使いました。
これは貨幣に対する人の満足度を表した考え方です。
意思決定科学や心理学で利用されています。

貨幣効用は一般的に利益よりも損失の方がより一層強くなる傾向があると言われています。

「10,000円を貰う満足」と「10,000円を失う不満足」

この2つを心の動きの強さで比較する時、損失の方がより一層強いという傾向があります。

損切りと言うのは損失について考えている事なので実は難しい事なのだと分かりました。
確かに多少のマイナスでも損切りに躊躇している事が多いなと思います。

損切りに関しては文章でまとめるだけではなく何か自分の中で明確なルールを作らないと心理的な要素で失敗してしまう危険性があると感じました。




posted by FXマニア at 09:27| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXで自分の取引スタイルを確立するポジションの取り方

FXの手法はトレーダーによってさまざまでしょう。
買いのみの人もいれば、両建でどちらに転がっても儲けようという人もいます。
また、売り一辺倒の人もおります。
 
筆者は、以下のように決めています。
 
まず、自分が取引したい通貨が大体どの範囲で値動きするかをつかんでおきます。
これはチャートで期間範囲を長くすることで見ることができます。

ポジションの建て方

値動きの範囲をつかんだら下記のように対応します。
 
値動きの範囲の中間のあたりの値のときは両建てをします。
どちらに値動きをしても、利益を出すことができます。

そして、反対のポジションは利益の出る値になるまで持ち続けるか、先の利益と相殺できる範囲で損切りし、新たにポジションを持ちます。
これで必ず利益を出すことができます。
ただし、ロスカットはしないよう、十分な証拠金が必要なことは言うまでもありません。

少しずつポジションをとる

値動きの範囲の最低の値のほうの場合は、買いで入ります。

このとき、筆者は少しずつポジションを取ります。
例えば、一気に1万通貨を買うのではなく、まず1000通貨買います。
筆者の場合、大抵は読みがはずれますので、買いを入れると値が下がることが多いです。
そのため、値が下がったときのことをあらかじめ想定して余力を残しておくわけです。

ある程度値が下がって自分で買い時だなと思ったらそこで追加で1000通貨購入します。
いわゆるナンピンという手法を自分の手持ち資金と相談し、余力の範囲で行っております。

スワップも計算にいれておく

買いで入るときは、豪ドルなどの高金利通貨を買い、値が上がるまでゆっくりスワップを貯めながら待ちます。
もちろん、いつリーマンショック級の激しい値動きがあるかわからないため、相当の余力を持って行っております。

逆に値が最高値のほうに上昇した場合は、ドルなどの低金利通貨を売りで取引します。
これも1000通貨ずつナンピンして行きます。

どの手法もあまり欲張らず2割ぐらい利益が出たら利益確定をしています。

皆さんも、いろいろ手法を勉強し実戦で試してみて、ご自分に合ったものを見つけるのが良いでしょう。




posted by FXマニア at 09:20| Comment(0) | FX基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXでポジションを持っているのを忘れていた

FX初心者は長くやっている人には意味不明な事をしたりします。
私がやってしまったのは、ポジションを持っているのを忘れていたと言う失敗です。

基本的にはFXは計画に従ってやっていくものですよね。
デイトレードの場合で次の日にやれないのであればポジションは解消して置かないとなりません。

当然私もそのつもりで解消したつもりになっていましたが、実際にはまだ持った状態でした。
その後は放置していて、やっと時間が出来たな、と思った時に気づきました。
最初なのでツールの使い方もよく分かっていなくて、パッと見では気づきませんでしたね。

練習のつもりで1000通貨でやっていたのでまだ助かりましたが、大きく負けていたらそれだけで止めていたかも知れません。
正直な所、もっと分かり易く表示してはくれないか、とFX会社に思ったりもしますが、初心者なのが問題なんですよね。

まぁ一度失敗して置くと注意が向くようになるので、経験値は上がりましたかね。

何をやるにしても慣れは必要なので、まずは取引してツールの使い方とか色々慣れるといいですよね。
いざというときに自分が冷静に判断して動けるようにするためにも、ある程度の相場慣れというものは必要だと思います。





posted by FXマニア at 09:18| Comment(0) | FX雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ