2016年03月06日

FXは娯楽と実益を兼ねている

日々の生活に変化が欲しくて副収入を得るためになんとなく始めたFXが、今は利益を得ることはもちろん相場の状況やグラフからの分析を行うことも楽しみの一部となっていて、娯楽と実益を兼ねたものになりつつあります。

最初はテレビCMで見るくらいしかFXのことを知らなかったこともあり、単純に複数の業者の中から一番良い新規特典が用意されている所を選んで申し込みました。

でも、FXをやっていくうちに業者の差がそのまま利益の差に繋がることを知ったので、数点以下のスプレッドの違いでも結構無視できないからそういった細かいところでアドバンテージを取れる業者に乗り換えようか考え中です。

コツコツ勝ち、一度の負けで大きく減らしてしまうことが悩みの種

ただ、まだ始めたばかりなので実際そんなこだわりを持つよりも、もっとFXの手法を勉強して身につけていくのがもしかしたら先決かもしれませんね。

幸い今までの取引は勝率が高く初めて入金した額よりもちょっと資産が増えた程度ですが、コツコツ勝ちつつも何回かに一度の負けトレードで大きく減らしてしまうことが悩みの種です。

だから損失をできるだけ減らせるようにポジションの管理をしっかりしようというのが最近の私の課題で、まだ初心者で良い対策法がわからないから巷で言われているように損切りをタイトに行うべく、必ずエントリー時には逆指値も同時に注文しています。
他にもやらなければいけないことやわからない用語なども沢山あって色々と大変だけれど、一つずつ解決してFXで安定して利益を得られるように初心者なりに頑張りたいです。

最終的には勝率よりも損益

ただ、9勝1敗の手法でも、その1敗が大きすぎてトータルで負け越すようなトレードであれば意味がありません。
目先の勝ち負けよりも、トータルで勝ち越すにはどうすべきか、つまりは期待値のある取引ってなんだろう?ということを少しずつ突き詰めていくのが勝利に繋がると思います。
ここは誰もが日々勉強です。
私だって毎日が勉強ですし、もっと勝っている人たちでも同じなので安心してくださいね。

不安と正しく向き合う姿勢が重要です。




posted by FXマニア at 09:41| Comment(0) | FX雑談・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買ったら下がり売ったら上がるし、FXは勝率50%のはずなのに…

FXでトレードしていると、不思議なことがよくあります。
エントリーは買うか・売るかなので勝率50%のような気がして、自分勝手に運がいいから適当にエントリーしても勝てると思い込んでエントリーしてしまいます。

そんな時に限ってエントリーした直後に、買いでエントリーしたら下がり、売りでエントリーしたら上がるとまるで誰かに見られているくらいのタイミングでレートが動きます。
自分だけなのかなと思って、FX仲間の友人にその話をしたところ、その友人もそう思っていたということでした。
おそらく神様が適当なエントリーをしてはいけないと注意してくれていると思うしかありません。

決済する勇気、ロスカットする勇気

ところで最近の円安でドル円の通貨ペアで円を売り大儲けしている人も多いと思いますが、FX初心者の私でも少なからず恩恵に預かっています。
しかしやっぱりメンタルが弱いのか、思うようにはいかないときも多いです。

私は1ドル107円前半の時に買っていたのですが、エントリーしたときは1ドル110円で決済しようと思っていました。
しかしあまりに調子良かったので、まだ円は下がると思い込み決済しませんでした。

そうしたら急に大きな調整が入り、一時105円前半まで来てしまいました。
結局110円で決済する勇気もなく、107円割ったところでロスカットすることもできず、ただ祈っているだけでした。

その後また円安が盛り返し、いまはまた利益が出ていますが、自分の決断力のなさを痛感させられました。

何も見なかったらほぼ50%です

チャートも見ず、値動きも見ず、猫にでもボタンを押させて売買するならほぼ50%なんですが、我々はチャートを見て予測して買ったり売ったりするんですよ。
そういう心理の集合体で売買という結果、すなわちチャートが形成されていくので、上記のようなことが発生するのです。

反対に動くことが多いということは、色々考えた挙句エントリーするポイントが反対だということです。
そして、初心者の方は得てしてこのパターンに陥ります。
初心者の方が「買いたい」と思う場所は売りどきだということですね。




posted by FXマニア at 09:29| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXで一番難しいのは損切り

初心者の頃から未だに苦労しているのが損切りの判断です。
「マイナスが大きくなる前に早めに損切りする」このような考えは頭の中にしっかり入っていました。
しかしいくら頭で分かっていても出来ないのがFXの怖さですね。

逆にどんな状況でも心理的な要因に惑わされず損切りや利確が出来ますと言う人がいたらかなりの強者だと思います。それくらい難しいです。

基本的にFXはチャート分析や経済指標からなるテクニカル的なものが占めているので、そちらの方が持て囃される傾向があります。

実際に相手をするのは相場です。
相場には他にもさまざまな要素がありますね。

・投機筋
・トレーダー心理
・時間帯

特に自身の心理は常に関わってくるものなのでよく分かっておきたいですね。

意思決定分野からのアプローチ

損切りの重要性が分かっているのに出来ないのはどういう事なのか考えてみた事があります。
効用と言う考え方を使いました。
これは貨幣に対する人の満足度を表した考え方です。
意思決定科学や心理学で利用されています。

貨幣効用は一般的に利益よりも損失の方がより一層強くなる傾向があると言われています。

「10,000円を貰う満足」と「10,000円を失う不満足」

この2つを心の動きの強さで比較する時、損失の方がより一層強いという傾向があります。

損切りと言うのは損失について考えている事なので実は難しい事なのだと分かりました。
確かに多少のマイナスでも損切りに躊躇している事が多いなと思います。

損切りに関しては文章でまとめるだけではなく何か自分の中で明確なルールを作らないと心理的な要素で失敗してしまう危険性があると感じました。




posted by FXマニア at 09:27| Comment(0) | FX応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXトレード日記 ブログランキングへ
最近の記事
カテゴリ